[ ブログ ]

年の初め、給湯器が壊れまして。

さよなら給湯器(右の四角い箱)

明けましておめでとうございます。

雪がチラホラ、今日はと〜〜〜っても寒いです。
新年早々、無粋なタイトルで申し訳ありません。私事ですが、自宅の給湯器が年明けに動かなくなりました。今年最初のメールがガス屋さんへの救援依頼。しばらく、近所のスポーツクラブへ風呂通いの常連になっていました。
あまり褒められた話ではありませんが、壊れたガス給湯器は20年以上わが家で働き続けてくれました。実は何年も前から、巡回する町のガス屋さんに取り替えの催促受けていましたが、キュルキュル言いながらも壊れる様子でない事をいいことに、ついついそのまま使い続けていた訳です。復活の選択はさすがになく、今回、現地確認に来てくれた若い営業さんも、取り替えに来た業者さんもちょと驚きの様子。
この給湯器は僕とおない歳ですよ。現役で使われているこの年数の給湯器は始めて見ました!。早いものなら7〜8年、寿命を聞かれれば、通常10年と答えます。それ以上は運としか言えないですね〜。
私自身も施主さんに聞かれたら、同じように答えていました。家族構成を踏まえ使用頻度はどちらか言えば少ないと言え、チョ〜長寿な給湯器だったことに違いない訳です。
本当に、ご苦労さまでした。

どことなく思っていることに、古い機械は持ちが良く近頃の機械はすぐ壊れる。と言うのがあります。家電製品でも自動車でも、なんの根拠もないままに昔のものは作りが丁寧で頑丈、今のものは複雑で電子回路がすぐ殺られる、そんな事を思っている方は案外多いのではないでしょうか?。私もその一人。ある時期に来れば壊れるのが当たり前なような、まるでメーカーが作為的に仕組んだ罠のような、都市伝説的な話も無くはありません。それは決して思い込みではない気もしますが、なぜそんな事になるのでしょう?

もちろん今の機械がどれもこれも悪い訳ではありません。いいものも沢山あります。
ならば、材料が悪くなった?。作り手が怠慢になった?。
きっとそうでなく、人が求めすぎる、と思うのです。その貪欲で傲慢な欲求に応えられず、多くの機械は不本意に寿命を縮めているのです。
住まいも同じ事。機能性や利便性への欲求は、良い方に向けば発展や成長に繋がりますが、過剰になれば無駄な消費になるだけ。ガス給湯器を20年使いましょうとは決して施主さんに言えませんが、ものを大切に永く使うことを皆が真剣に思えば、もっと素敵で豊かな暮らしに繋がると信じたいと思います。

さて、本日は取り替えた給湯器での初風呂。楽しみ楽しみ。
本年もよろしくお願いいたします。


関連記事:

Share on Facebook2Share on Google+1Tweet about this on Twitter

コメントをお願いします。

メールアドレスは表示されません。 * の箇所は記入必須になります。ご注意ください。

次の HTML タグがお使いになれます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

迷惑コメントを防止しています。日本語が含まれないコメントは表示されません。