[ 参考作例集 ]

海辺の家

海と一体になれる家。

眼の前いっぱいに海の広がる敷地に建つこの家は、一日の暮らしの中、いつもそばに海を感じ取ることが出来ます。道路から見たこの家は、まるで防波堤の様に海に立ち向かい、南端の細かな格子で組まれた黒く長いトンネルのアプローチを徐々に歩むと、四角く切り取られた小さな海が目の前に大きく広がります。

外のテラスと一体になったデッキ廊下へくぐり抜けると、そこは玄関であり、縁側であり、リビングの一部にもなっています。季節によって、開け放したり、閉じたり。

リビングの中心に座れば、各部屋が取り巻いた一体感のある構成が分かります。目の前の海は水平に広がり、少し見上げるとベランダ越しの空が覗いています。デッキ廊下の間仕切建具は、夜になれば映画を映し出すスクリーンにもなるでしょう。

和室に座れば、下駄箱下の地窓に海の蒼を感じとることも出来ます。ダイニングからも、キッチンからも、洗面所からも海の見えない場所はありません。2階は渡り廊下を挟んで右に子供部屋、左に主寝室があります。渡り廊下の横は全て、南北に伸びるベランダになっています。潮風に当たれば、まるで船の甲板に出た気分がするかもしれません。

外観からは想像し得ない、海と一体になれる内部空間がこの家の目指すところです。

【 建築概要 】

計画地:郊外の海辺
敷地面積:270.04 m2
建築面積:105.06 m2 / 建ぺい率 39.00 %(許容 70%)
延床面積:149.70 m2 / 容積率  55.30 %(許容 200%)
(各部床面積)
1階床面積:105.06 m2 ( 32.00 坪 )
2階床面積:44.10 m2 ( 13.20 坪 )
構造・規模 木造2階建て


関連記事:

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントをお願いします。

メールアドレスは表示されません。 * の箇所は記入必須になります。ご注意ください。

次の HTML タグがお使いになれます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

迷惑コメントを防止しています。日本語が含まれないコメントは表示されません。