ReM-house

設計メンバー実作紹介

築37年の建売分譲住宅のリフォームです。
住宅としての基本性能は新築同等まで引き上げ、
減床による抜けで上下間を繋ぎ光と風が通り抜けるように計画しています。

ReM-house-01

2Fからの光が届く玄関・階段。 撮影:増田好郎

ReM-house-02

シナ合板仕上げの個室とスノコ状で抜けのある床。 撮影:増田好郎

ReM-house-03

構造用合板表し仕上げと珪藻土クロス、杉フローリングとの対比

ReM-house-04

ラワン合板の壁に鉄製手摺。

ReM-house-05

屋根葺替えと外部RC階段~1F玄関は新設。大部分は塗替えのみでコスト調整しつつイメージ一新しました。


関連記事:

    関連記事が見つかりません

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

くらしのすまい © 2017