琉球畳

本来の琉球畳は、沖縄地方で栽培されているイ草ではなく「七島」を畳表に使った畳を言います。
もともとは畳縁が高価な時代に利用された畳なのですが、現在では装飾としての畳縁がないシンプルさと、
方向性のない正方形がモダンさを求めるニーズに合い好まれて使われています。


関連記事:

    関連記事が見つかりません

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

くらしのすまい © 2017