Author Archives: 林雅子

真冬のハイキング

物好きにも小雪の舞い散る中 旧福知山線の廃線跡を歩きに行きました 川沿いのルートは快適で4つのトンネルがあります トンネルの中は真の暗闇です 懐中電灯の調子が悪く、非日常的暗闇の恐怖?を味わいました 武田尾までの道には桜 […]

Read more »

大文字とがんがら火

私の住んでいる池田市では毎年8月の終わりに送り火の大文字とがんがら火があります 400年以上の歴史のある行事ですが阪急沿線でもあまり知られていません この松明の火を線香などに移して持って帰ると一年火事にあわないと言われて […]

Read more »

鎧兜騒動記

今解体中のビルに等身大の鎧兜が飾られていました 建築主はもういらないので捨てるか、だれかほしい方がいればもらってほしいと言われます 捨てるなんてもったいないと、そこから貰い手探しが始まりました 最初に手を挙げたのは工務店 […]

Read more »

相撲観戦初体験

事務所のビルの大家さんが大阪場所に招待してくださり初めて大相撲見に行きました そこはまるで別世界、以外にも宝塚歌劇と共通する雰囲気を感じました ご贔屓さんのセレブがいて、着物姿の粋筋の女性がいて、とても華やかです テレビ […]

Read more »

知らない町へ

静岡県三島の町を知っていますか? 東海道五十三次の宿場町だった三島には”三島通れば二階から招く—”という ふる–い歌があって、昔は遊郭的な町だったのかという印象を持っていました その歌も誰に聞いて […]

Read more »

テーマは自然?

今進行中のガウディ風の都心の個人住宅ですが家つくりのテーマは自然ということで 外壁に写真のミツバチ、カエル、クモ、などを張り付けることになりました これはアンティークギャラリーで見つけたオリジナルの1点もので一つ数万円す […]

Read more »

暮らしの道具と朝の楽しみ

これ何だかわかりますか? 普通耳掻きはペン立てにさしてあることが多いと思いますが、こんな粋な入れ物があると耳掻きがおごそかな行為に思えてくるから不思議です   もう一つ朝の楽しみとしてベランダに来る鳥のシルエッ […]

Read more »

ラッパ狼藉

通勤途中の風景ですが紅葉が終わって銀杏の落ち葉が 舗道を占領しています 昔の事ですが小さな庭に紫のもくれんの木があって花びらが散って 庭にちらかっていたことがあります そこへ来た人がそれを見て”落花狼藉”やなあ、、とつぶ […]

Read more »

桐のまな板

最近まな板が重いと感じてしまうのです、、 ちょっと切り忘れた野菜とかパンとかを切るのに洗ったまな板をまた出してくるのは めんどくさいのでサブで小さくて軽いのがないかなと探していたところ、桐のまな板を 見つけました 木のま […]

Read more »

新潟の職人技

先日新潟で玉川堂という店で作品と作業所を見学できました 不勉強で知らなかったのですがとても有名な店だそうです 一枚の銅板から手作業でたたいてたたいて一週間ほどで一つのやかんが 出来上がります、一つ30万でも全国にファンが […]

Read more »