大工道具館へ行きました

三宮にある竹中の大工道具館へ行きました

建物も緑に包まれて静謐な感じでいいですよ

大工道具というよりは芸術品のような様々な道具が展示されていて

日本の大工の技のすごさを改めて実感しました

もう現場で、のみやかんなを使う姿を見なくなって久しいですが

なんとか大工の技を若い人に引きついで行ってほしいものです

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

こころ躍る上棟式

ひと月半ほどさかのぼりますが、里山住宅博の2期分譲地で棟上げを済ませたところです。

建物には、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造といろいろありますが、やはり木造の棟上が一番こころ高鳴ります。クレーンなど大きな機械も使いますが、なにより人の手でもって建物が組み上がっていくことを一番感じられるからでしょう。棟上までに沢山の打ち合わせをします。もちろん他の構造でも同じですが、一日二日で建ち上げる木造は他よりも手際よくする必要がたくさんあるので、時間を無駄にできないスピード感があるからかもしれません。

なぜでしょう?

木造は他に比べると、いろいろなところに気を使うからです。

なにより構造材が「木」である。

雨で濡らしたりの事態を可能な限り避けたいものです。なので天気予報とにらめっこから始まります。雲行きが怪しければ屋根の野地板も被せて、ルーフィング(屋根下地材)までを手早く進めなければなりません。
中に決して濡らしたくない化粧材があると、そのまま仕上げになりなおさらです。

一般的に材料が多い。

敷地の要件など諸条件ありますが、一度に現場に持ち込むと整理ばかりに時間が取られるからです。棟上に前もって土台を並べ準備します。当日は朝一番に1階柱通し柱2階梁、2階柱床板小屋梁、屋根の垂木野地板、などなど製材所から棟上の順にしたがって運ばれてきます。どのぐらいのタイミングで納品してもらうかも、打ち合わせの重要なポイントになる訳です。

そして大勢の大工さんのチームワーク。

通常、木造の住宅には大工さんは、棟梁一人か、手伝いの大工さんが一人か二人。ですが、棟上の日は持ち回りで仲間の大工さんが手伝いに来ます。5人、6人。建物の大きさ、複雑さ、スケジュールを見ながら、さらに大勢の時もあります。それら大勢の大工さんを現場の中心となる棟梁が、どこから順に、誰をどこになど手際よく指示を出していきます。

そんなこんなで、朝からはじめて夕方暗くなるまでかかりながら、一軒の住宅の棟上げが進みます。棟上が終わると、それまで想像でしかなかった間取りが、ずっとイメージしやすくなるのも木造の棟上の魅力。
建ち上がった様子を夕景に見るのは、感無量です。

この日の棟上作業が終ったあと、里山住宅博で催されていたBBQに駆けつけ途中参加。
無事終わってやれやれの監督さんですが、「タンパク質がほとんど食べられなかったですよ〜」と後ほど嘆いておられました。(笑)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

暮らしの側に。~絵を飾る~

「絵」を飾る。

デザイン、アートと銘打つと敷居が高く感じる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

しかし、何かのキッカケに気になりだすと、いわゆる美術館の様な大きな箱以外にも、私設ギャラリーやカフェ併設スペースなど、様々な場所で素敵な作家さんの個展が開かれ、その多くは無料で見る事が出来て、そのうえで購入することが出来ます。

画像は、先日、自宅の近所のギャラリーで、購入した「マメイケダ」さんの作品です。

マメさんの作品は、独特のザックリだけど優しい雰囲気で、美味しそうな食べ物を描かれているものが多く、購入したのは京都の銭湯で飲んだ瓶入り牛乳の絵です。

妻と、この絵が家の白い壁に掛かる姿を想像しながら、併設のカフェスペースで、ケーキセットを頂きながら悩んだすえに、購入に踏み切りました。

展示の会期を終わってから、受け取り、吹き抜けの壁に設置していますが、窓からの光のグラデーションが出来る白壁に、白い牛乳と白の微妙な変化なのだけど、だからこその存在感を持ってくれています。

お気に入りのスペースが、更に好きになった瞬間です。

若手の作家さんだと、比較的に購入しやすい金額だとはいえ、原画を購入はハードルが高いと感じるかとも思います。

原画でなくとも、ギャラリーでは、ポストカード等のグッズにして、より手元に置いて起きやすくなっている事が多いです。

上記は、「辻本真美」さんのイベントでの似顔絵(動物顔)です。その時の現地で、妻と二人を描いて貰っています。1点物で思い出もあってととても贅沢な作品。家では、飾り棚の中心に。

辻本さんのカレンダー。磁石で、家の中の金属部分にペタリと。

カレンダーだと、実用性もあってと、一番入りやすいのかもしれませんね。

カレンダー自体は無料で貰える機会もあるかと思いますが、それがお気に入りの作家さんのものであれば、毎月の楽しみにもなります。

購入としては、一番手軽だと思われるポストカード。

画像は、repairの「日下明」さんのイラストです。

棚受けの部分に磁石で、止めてるので、気分に合わせて交換できます。

 

建物自体と絡めば黒板塗装を塗って、チョークで描くというのも。自宅では、ここも辻本さんに描いて貰ってますが、自分や友達や子供達の絵でも、消せる事で気負わず描けちゃいますね。

ちょっと、変わった所では、バッジをカーテンにというのも。

Sai」さんのエンボス加工の作品ですが、リネンの生地にアクセントとなってくれています。

あまり難しく考えずに、自分の好きな物を気持ちよいと感じる場所に飾る。

その事で、毎日の暮らしの中で、気持ちが上に向く瞬間が増えると思うと、挑戦して見てみる価値は大きいと思います。

暮らしの側に、「絵」を飾って見てください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

施主参加型しっくいレリーフ!


結構頻繁に「自分でできるかもしれない!」病(笑)が起きます。
もともと一品生産である建築は色々な職人さんが携わり完成します。
その中でも「塗る」、「貼る」など高い職人技術を要する作業もあります。。。が
その部分、素人でも完成度を気にしなければ関わる事が出来ます!
逆にこまごまと手間のかかる内容だと工事費としては割高になります。
その部分を「施主施工」にして、経費削減と施主参加のより満足度のUPが
施主施工につながります。。。が
準備するのはこちら!
費用に換算すると実は割高になることを設計者は気が付きません(笑)
そこは自分も楽しみ、その上施主の笑顔が得られるのです。
やめられません!!!!
今回は「しっくい壁にレリーフを作成しましょう」となりました。
最初は子供の手型程度を考えていましたが「この壁に手形じゃな~」となり
何か小さなレリーフを となり、でもバランスが~ となり
じゃ~この壁一面に となり、気が付けば幅2mのレリーフ作成になりました。
またまた、子供参加で可能な作業を考え、段取りを考え、材料手配し
出来たのがこれです!!!参加型しっくいレリーフ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

真冬のハイキング

物好きにも小雪の舞い散る中 旧福知山線の廃線跡を歩きに行きました

川沿いのルートは快適で4つのトンネルがあります

トンネルの中は真の暗闇です

懐中電灯の調子が悪く、非日常的暗闇の恐怖?を味わいました

武田尾までの道には桜が多くで春はお花見に最適なルートです

毎月は中山観音から奥の院へ登ったり、能勢の妙見山へ行ったり

昔からの山友と北アルプス登山に向けてのトレーニングハイキングをしていますが

さすがに寒くて今月は登りの無い楽な方へ流れました

中高年の登山は遭難や事故も多いので、もしニュースに載ったら笑ってください

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

年の初め、給湯器が壊れまして。

さよなら給湯器(右の四角い箱)

明けましておめでとうございます。

雪がチラホラ、今日はと〜〜〜っても寒いです。
新年早々、無粋なタイトルで申し訳ありません。私事ですが、自宅の給湯器が年明けに動かなくなりました。今年最初のメールがガス屋さんへの救援依頼。しばらく、近所のスポーツクラブへ風呂通いの常連になっていました。
あまり褒められた話ではありませんが、壊れたガス給湯器は20年以上わが家で働き続けてくれました。実は何年も前から、巡回する町のガス屋さんに取り替えの催促受けていましたが、キュルキュル言いながらも壊れる様子でない事をいいことに、ついついそのまま使い続けていた訳です。復活の選択はさすがになく、今回、現地確認に来てくれた若い営業さんも、取り替えに来た業者さんもちょと驚きの様子。
この給湯器は僕とおない歳ですよ。現役で使われているこの年数の給湯器は始めて見ました!。早いものなら7〜8年、寿命を聞かれれば、通常10年と答えます。それ以上は運としか言えないですね〜。
私自身も施主さんに聞かれたら、同じように答えていました。家族構成を踏まえ使用頻度はどちらか言えば少ないと言え、チョ〜長寿な給湯器だったことに違いない訳です。
本当に、ご苦労さまでした。

どことなく思っていることに、古い機械は持ちが良く近頃の機械はすぐ壊れる。と言うのがあります。家電製品でも自動車でも、なんの根拠もないままに昔のものは作りが丁寧で頑丈、今のものは複雑で電子回路がすぐ殺られる、そんな事を思っている方は案外多いのではないでしょうか?。私もその一人。ある時期に来れば壊れるのが当たり前なような、まるでメーカーが作為的に仕組んだ罠のような、都市伝説的な話も無くはありません。それは決して思い込みではない気もしますが、なぜそんな事になるのでしょう?

もちろん今の機械がどれもこれも悪い訳ではありません。いいものも沢山あります。
ならば、材料が悪くなった?。作り手が怠慢になった?。
きっとそうでなく、人が求めすぎる、と思うのです。その貪欲で傲慢な欲求に応えられず、多くの機械は不本意に寿命を縮めているのです。
住まいも同じ事。機能性や利便性への欲求は、良い方に向けば発展や成長に繋がりますが、過剰になれば無駄な消費になるだけ。ガス給湯器を20年使いましょうとは決して施主さんに言えませんが、ものを大切に永く使うことを皆が真剣に思えば、もっと素敵で豊かな暮らしに繋がると信じたいと思います。

さて、本日は取り替えた給湯器での初風呂。楽しみ楽しみ。
本年もよろしくお願いいたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

「ポチつまみ」 販売しております。

ポチつまみ

里山25号で人気「ポチつまみ」購入受付ページです。

「ポチつまみ」を制作いただいた potitek さんが、家具製作の端材のなかで愛着のこる材料だけを利用した オリジナルつまみ です。なので、 気まぐれ制作 * 現品限りです。
戸の上のほうにつけて帽子フックに使っても、 台所で輪ゴムフックにつかっていただいても嬉しい木のツマミです。
( 関連記事 )

購入希望の方は 、最下部「ポチつまみ問い合わせフォーム」からくらすま事務局までご連絡ください。

現在、商品は「里山住宅博」いなほ工務店モデルハウス「里山25」でのみの直接販売とさせていただいております。
ご連絡いただいた際は直ちに確認し「取り置き」いたしますが、行き違いにて先に売れてしまうことがあることもご了解ください。買取/受け渡しは恐れ入りますが現地にてお願いいたします。( 現品をご確認いただいた方にのみ販売とさせていただきます。)

なお、 オーダーの受付はお断りしています。端材による不定期制作としています。また同じものは potitek さんも制作ができません。

ポチつまみ価格表

在庫の状況は以下「つまみご紹介」の金額表示をご確認ください。

* つまみご紹介 *

ウォールナットつまみノ1 - 2000円/1ツマミ

ウォールナットつまみノ1 - 2000円/1ツマミ

ウォールナットつまみノ2 - 2000円/1ツマミ

ウォールナットつまみノ2 - 2000円/1ツマミ

カエデつまみノ1 - <strong>SOLD OUT</strong>

カエデつまみノ1 - SOLD OUT

カバつまみノ1 - 2000円

カバつまみノ1 - 2000円

クリつまみノ1 - 1500円

クリつまみノ1 - 1500円

ケヤキつまみノ1 - 1500円

ケヤキつまみノ1 - 1500円

トチつまみノ1 - 1500円

トチつまみノ1 - 1500円

ナラつまみノ1(無塗装) - 1500円

ナラつまみノ1(無塗装) - 1500円

ナラつまみノ2 - 1500円/1ツマミ

ナラつまみノ2 - 1500円/1ツマミ

ナラつまみノ3 - 1800円

ナラつまみノ3 - 1800円

ブナつまみノ1 - 2000円

ブナつまみノ1 - 2000円

* 不定期更新いたします *


「ポチつまみ問い合わせフォーム」

  • 下のフォームのコメント欄にご希望の商品名(例「ナンノキつまみノ1」)をご記入の上、送信してください。
  • メールアドレスは正確にご記入お願いいたします。

  • ご連絡いただいた後「取り置き」し在庫確認のお知らせをします。
  • 購入を中止される場合は必ずお知らせ下さい。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

12/11「薪ストーブのお話し」講習会を開きます。

薪ストーブのお話し

近日、里山25号に薪ストーブを納品いただいた マックスウッド・回渕さんによる薪ストーブの暖かくて楽しいお話しの会を催す運びとなりました。
北欧で使われる高機能な蓄熱型薪ストーブを勉強された回渕さんは、日本の環境でも薪ストーブが日常的に使われるよう奮闘されています。その成果のひとつが今回「里山25号」に設置された「Mark」です。
目からウロコの「薪ストーブのお話し」に是非ご参加ください。


「薪ストーブのお話し」

日時 : 平成28年12月11日(日)15:00から2部構成 ▶︎ 終了しました。
場所 : 里山25号(「里山住宅博」いなほ工務店のモデルハウス )のリビングにて
参加費: 無料

※ 第1部(15:00〜)約45分
薪の使われ方今昔。現代薪ストーブの種類と使われ方。これからの薪生活。
知っているようで知らない薪や暖炉、薪ストーブのお話を、いまむかしを辿りながらお話いただきます。薪ストーブは「鋳物」と思っていた方は是非お越しください。

※ 第2部(16:00〜)約45分
高機能蓄熱薪ストーブ「Mark」の紹介を中心に、蓄熱薪ストーブの仕組みや使い方をお話いただきます。また「Mark」の製作秘話・他では聞けないマニアックなお話も織り交ぜていただく予定です。さらに詳しく薪ストーブを知りたい方は是非お越しください。

回渕享治 プロフィール

私は、学生の時訪れたドイツの一般家庭でリビングにあった暖炉の心地よさが忘れられず、薪のある暮らしをここ滋賀でも広めたい一心で、マックスウッドを開業しました。
現在では、森林再生やバイオマス普及活動、またアメリカから石積職人に直接指導に来ていただくなどしながら、本場の技術習得に励んでいます。

 マックスウッド代表 http://www.eonet.ne.jp/~maxwood/

mawaribuchi-01 mawaribuchi-02

Read more »

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

ウッドデザイン賞に入賞しました。

wd2016里山25号:床の間

この度、「里山25号」がウッドデザイン賞に入賞しました。

この場をお借りして、株式会社いなほ工務店様、関係者の皆様方にお礼申し上げます。

 ウッドデザイン賞2016 」公式HP

里山25号

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

リノベーショントークショー@Re:Toyosaki

オープンナガヤ大阪2015

昨年から自宅でもあるRe:Toyosakiも参加しているオープンナガヤ大阪。
大阪に残る木造建築物を再活用している事例を、色々な方に見て・知って貰おうというイベントです。
今年は11/12(土)13(日)の開催日以外にも「オープンナガヤスクール」というプレイベントをやっています。
その第5回目として、「リノベーショントークショー@Re:Toyosaki」として、実際に自宅に来ていただいて見て貰いながら、物件を探し購入して、そこをリノベーションをして暮らすにいたった経緯などをお話しさせて頂きます。
会場の広さが限られているため、人数限定になりますが、リノベーション、ナガヤ暮らし、街暮らしにご興味のある方は、是非 下記の公式サイトから申し込んでお話しを聞きにきてください。

オープンナガヤ大阪2016 公式サイト
http://opennagaya-osaka.tumblr.com/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/opennagaya/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter