道具:色見本帳


画像は日塗工(日本塗料工業会)が発行している塗料用標準色見本帳です。
他にもDIC(旧 大日本インキ化学工業)やPANTONEが発行しているものなどがありますが、建築の現場では概ね日塗工のものが使われています。
*建築の現場でいえば更に各大手ゼネコン等では自社標準色見本帳があったりします。私も何故か某社のものを1冊持ってたりします。
メーカーが出している塗料の既製品色を塗るのであれば必要の無いものとなる訳ですが、既製品色では着色を考えた部位(材料)のイメージする色に合致する事は経験上十中八九ありません。そんな時にこういった色見本帳を使って施主と色を決定していきます。パッと見てたくさんの色がありますが実際に使える(使いたい)色はそう多くなく、多い時で3種類位を候補として決定し現場に伝え、A4サイズ大~の色見本サンプルを作ってもらい現場にて施主とサンプルを確認し最終決定となります。
着色が小さな面積で現場調合で賄える場合は、サンプルを並べてみて「この色とこの色の間の色、作ってもらえませんか」と塗装屋さんにお願いしたりする事も偶にあります。そんな時は調合している塗装屋さんの横に付っきりで「もうちょっとこの色数滴足して」とか「足しすぎた・・すみません、こっちの色を数滴」とか無理を承知で我侭を言ったりします。(あくまで塗装屋さんとの間に信頼関係があった上での話ですが、出来た色に対してとても満足した旨と感謝の言葉を伝えると職人魂が擽られるのか「ええ加減にしてや」と言いながらも案外嬉しそうな事が多いです)
大面積で工場調合(特注)となる場合は当然費用が別途かかりますので注意が必要です。現場内で収まる範囲ではケースバイケースですが私が持った現場では別途費用が発生した事はありません。
そんな色決定に使う色見本帳ですが、最近では既製品部材の出来が良くなったのと同時にカラーバリエーションも結構豊富になったので色見本帳を使うまでもなくカタログで「じゃあ、これ」と終わってしまう事が多くなってきています。既製品とは言え可能な限り部材の現物を現場もしくはショールーム等で確認する事は言うまでもありません。
既製品部材を使う事になった瞬間からそれに合わせてイメージを構築し計画や現場を進めて行くので、特に苦悩なくイメージ通りに空間は出来上がって行くのですが、その結果、職人さんのプライドを見れるやり取りが減っていっている現状が個人的には少し寂しい今日この頃です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

暮らしの側に。~近くのおススメ~

近くのおススメ。

住まいの要素として廻りの環境も大きな影響があると思います。

ふらっと行ける距離でのお気に入りのお店がある事で、自宅だけで完結させなくとも良いんじゃないか?との思いも。コンパクトな住まいでも充実した暮らしの方として、街まで拡げて考えるのも、ひとつの方向だと思います。

自宅にもそんなお店が、いくつかあるのですが、今回はiTohen(いとへん)さんをご紹介したいと思います。

ギャラリーと本とコーヒーのお店で、カレーやフレンチトーストも美味しいので朝やお昼御飯を食べるのにも利用できます。(この飲食の売り上げの一部が、展示中の作家さんに還元されるというのも、面白い仕組みだと思います。)

 

ギャラリーで開催される展覧会は、面白いものが多く、ワークショップなども色々開催されています。

植田 楽(うえだ ひらく)さんのワークショップは、セロハンテープとチラシや包装紙などの何かの用途を終えた紙でつくる植田さんの作品スタイルを体験するもの。

来年の干支って事で、犬をつくってみました。

植田さんに、同時に犬作って貰いながら手順と見本がその場でという、贅沢な体験。

作りながら、お話しも。小学校の頃から作り続けてる事。紙を粘土のように扱う感じなのですが、美大時代に粘土を触ってみたけど思うように出来なかったとか。お菓子の箱に使われてる紙はとても強度があるとか。

出来上がった芝犬は、少し小鹿っぽさもあるものの、やはり「つくったもの」にはすでに思い入れが生まれています。

美味しいお昼と、素敵な体験。それが、ふと思い立った時に可能な距離にあるという贅沢。

「近くのおススメ」を、暮らしの側に。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

キッズコーナーの楽しい仕切り

またまた事務所作業の話

先日完成したクリニックのキッズコーナーのパーテションです。

子供たちがわくわくし、好奇心や想像力を育む空間ができればと思い製作しました。カットは家具屋さんにお願いし、パネル(OSSBボード:麦の茎を固めた自然素材)の染色を事務所のスタッフが行いました。

色とりどりの円があたかも子供たちが遊んでいるような絵柄です。

無数にあるパターンとカラーリングの中から施主と一緒に探し出した一品ものです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

大工道具館へ行きました

三宮にある竹中の大工道具館へ行きました

建物も緑に包まれて静謐な感じでいいですよ

大工道具というよりは芸術品のような様々な道具が展示されていて

日本の大工の技のすごさを改めて実感しました

もう現場で、のみやかんなを使う姿を見なくなって久しいですが

なんとか大工の技を若い人に引きついで行ってほしいものです

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

暮らしの側に。~絵を飾る~

「絵」を飾る。

デザイン、アートと銘打つと敷居が高く感じる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

しかし、何かのキッカケに気になりだすと、いわゆる美術館の様な大きな箱以外にも、私設ギャラリーやカフェ併設スペースなど、様々な場所で素敵な作家さんの個展が開かれ、その多くは無料で見る事が出来て、そのうえで購入することが出来ます。

画像は、先日、自宅の近所のギャラリーで、購入した「マメイケダ」さんの作品です。

マメさんの作品は、独特のザックリだけど優しい雰囲気で、美味しそうな食べ物を描かれているものが多く、購入したのは京都の銭湯で飲んだ瓶入り牛乳の絵です。

妻と、この絵が家の白い壁に掛かる姿を想像しながら、併設のカフェスペースで、ケーキセットを頂きながら悩んだすえに、購入に踏み切りました。

展示の会期を終わってから、受け取り、吹き抜けの壁に設置していますが、窓からの光のグラデーションが出来る白壁に、白い牛乳と白の微妙な変化なのだけど、だからこその存在感を持ってくれています。

お気に入りのスペースが、更に好きになった瞬間です。

若手の作家さんだと、比較的に購入しやすい金額だとはいえ、原画を購入はハードルが高いと感じるかとも思います。

原画でなくとも、ギャラリーでは、ポストカード等のグッズにして、より手元に置いて起きやすくなっている事が多いです。

上記は、「辻本真美」さんのイベントでの似顔絵(動物顔)です。その時の現地で、妻と二人を描いて貰っています。1点物で思い出もあってととても贅沢な作品。家では、飾り棚の中心に。

辻本さんのカレンダー。磁石で、家の中の金属部分にペタリと。

カレンダーだと、実用性もあってと、一番入りやすいのかもしれませんね。

カレンダー自体は無料で貰える機会もあるかと思いますが、それがお気に入りの作家さんのものであれば、毎月の楽しみにもなります。

購入としては、一番手軽だと思われるポストカード。

画像は、repairの「日下明」さんのイラストです。

棚受けの部分に磁石で、止めてるので、気分に合わせて交換できます。

 

建物自体と絡めば黒板塗装を塗って、チョークで描くというのも。自宅では、ここも辻本さんに描いて貰ってますが、自分や友達や子供達の絵でも、消せる事で気負わず描けちゃいますね。

ちょっと、変わった所では、バッジをカーテンにというのも。

Sai」さんのエンボス加工の作品ですが、リネンの生地にアクセントとなってくれています。

あまり難しく考えずに、自分の好きな物を気持ちよいと感じる場所に飾る。

その事で、毎日の暮らしの中で、気持ちが上に向く瞬間が増えると思うと、挑戦して見てみる価値は大きいと思います。

暮らしの側に、「絵」を飾って見てください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

施主参加型しっくいレリーフ!


結構頻繁に「自分でできるかもしれない!」病(笑)が起きます。
もともと一品生産である建築は色々な職人さんが携わり完成します。
その中でも「塗る」、「貼る」など高い職人技術を要する作業もあります。。。が
その部分、素人でも完成度を気にしなければ関わる事が出来ます!
逆にこまごまと手間のかかる内容だと工事費としては割高になります。
その部分を「施主施工」にして、経費削減と施主参加のより満足度のUPが
施主施工につながります。。。が
準備するのはこちら!
費用に換算すると実は割高になることを設計者は気が付きません(笑)
そこは自分も楽しみ、その上施主の笑顔が得られるのです。
やめられません!!!!
今回は「しっくい壁にレリーフを作成しましょう」となりました。
最初は子供の手型程度を考えていましたが「この壁に手形じゃな~」となり
何か小さなレリーフを となり、でもバランスが~ となり
じゃ~この壁一面に となり、気が付けば幅2mのレリーフ作成になりました。
またまた、子供参加で可能な作業を考え、段取りを考え、材料手配し
出来たのがこれです!!!参加型しっくいレリーフ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

真冬のハイキング

物好きにも小雪の舞い散る中 旧福知山線の廃線跡を歩きに行きました

川沿いのルートは快適で4つのトンネルがあります

トンネルの中は真の暗闇です

懐中電灯の調子が悪く、非日常的暗闇の恐怖?を味わいました

武田尾までの道には桜が多くで春はお花見に最適なルートです

毎月は中山観音から奥の院へ登ったり、能勢の妙見山へ行ったり

昔からの山友と北アルプス登山に向けてのトレーニングハイキングをしていますが

さすがに寒くて今月は登りの無い楽な方へ流れました

中高年の登山は遭難や事故も多いので、もしニュースに載ったら笑ってください

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

年の初め、給湯器が壊れまして。

さよなら給湯器(右の四角い箱)

明けましておめでとうございます。

雪がチラホラ、今日はと〜〜〜っても寒いです。
新年早々、無粋なタイトルで申し訳ありません。私事ですが、自宅の給湯器が年明けに動かなくなりました。今年最初のメールがガス屋さんへの救援依頼。しばらく、近所のスポーツクラブへ風呂通いの常連になっていました。
あまり褒められた話ではありませんが、壊れたガス給湯器は20年以上わが家で働き続けてくれました。実は何年も前から、巡回する町のガス屋さんに取り替えの催促受けていましたが、キュルキュル言いながらも壊れる様子でない事をいいことに、ついついそのまま使い続けていた訳です。復活の選択はさすがになく、今回、現地確認に来てくれた若い営業さんも、取り替えに来た業者さんもちょと驚きの様子。
この給湯器は僕とおない歳ですよ。現役で使われているこの年数の給湯器は始めて見ました!。早いものなら7〜8年、寿命を聞かれれば、通常10年と答えます。それ以上は運としか言えないですね〜。
私自身も施主さんに聞かれたら、同じように答えていました。家族構成を踏まえ使用頻度はどちらか言えば少ないと言え、チョ〜長寿な給湯器だったことに違いない訳です。
本当に、ご苦労さまでした。

どことなく思っていることに、古い機械は持ちが良く近頃の機械はすぐ壊れる。と言うのがあります。家電製品でも自動車でも、なんの根拠もないままに昔のものは作りが丁寧で頑丈、今のものは複雑で電子回路がすぐ殺られる、そんな事を思っている方は案外多いのではないでしょうか?。私もその一人。ある時期に来れば壊れるのが当たり前なような、まるでメーカーが作為的に仕組んだ罠のような、都市伝説的な話も無くはありません。それは決して思い込みではない気もしますが、なぜそんな事になるのでしょう?

もちろん今の機械がどれもこれも悪い訳ではありません。いいものも沢山あります。
ならば、材料が悪くなった?。作り手が怠慢になった?。
きっとそうでなく、人が求めすぎる、と思うのです。その貪欲で傲慢な欲求に応えられず、多くの機械は不本意に寿命を縮めているのです。
住まいも同じ事。機能性や利便性への欲求は、良い方に向けば発展や成長に繋がりますが、過剰になれば無駄な消費になるだけ。ガス給湯器を20年使いましょうとは決して施主さんに言えませんが、ものを大切に永く使うことを皆が真剣に思えば、もっと素敵で豊かな暮らしに繋がると信じたいと思います。

さて、本日は取り替えた給湯器での初風呂。楽しみ楽しみ。
本年もよろしくお願いいたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

リノベーショントークショー@Re:Toyosaki

オープンナガヤ大阪2015

昨年から自宅でもあるRe:Toyosakiも参加しているオープンナガヤ大阪。
大阪に残る木造建築物を再活用している事例を、色々な方に見て・知って貰おうというイベントです。
今年は11/12(土)13(日)の開催日以外にも「オープンナガヤスクール」というプレイベントをやっています。
その第5回目として、「リノベーショントークショー@Re:Toyosaki」として、実際に自宅に来ていただいて見て貰いながら、物件を探し購入して、そこをリノベーションをして暮らすにいたった経緯などをお話しさせて頂きます。
会場の広さが限られているため、人数限定になりますが、リノベーション、ナガヤ暮らし、街暮らしにご興味のある方は、是非 下記の公式サイトから申し込んでお話しを聞きにきてください。

オープンナガヤ大阪2016 公式サイト
http://opennagaya-osaka.tumblr.com/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/opennagaya/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

材料の適材適所?

材料の適材適所

材料の適材適所

以前、「自分でできるかもしれない!」病(笑)の発作で高さ1mほどの木のレジカウンターを制作しました。

お世話になっていた奈良御杖村の製材所に材料探しに伺うと「良いのがあるよ!」的な感じで倉庫奥から曲がりくねったヒノキの丸太を出してこられ、変な注文の人が現れるかもしれないと思い、近隣の神社からの依頼で裏山から伐採したヒノキの丸太を在庫しておいた!との事でした。建材では使用できない木材でしたがこの製材所にくる何人かのゲイジュツカの顔が浮かんで買い取ったそうです。何か運命を感じその「ありがたい」ヒノキで制作しました。もちろん、施主には竣工のお祝いとしてプレゼント!木組みの裏には工事に参加して頂いた大工さんたちの名前が書かれています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter