くらすまのかおぶれ

設計メンバー5人
「くらしのすまい」を運営する5人の建築士をご紹介します。
メンバーそれぞれは、大阪府、兵庫県に在住または事務所を構えています。また、「くらしのすまい」の良さを生かすためにも、建築士の増員は基本的に行いません。長く安心して暮らして頂く為には、メンバー全員が責任を持ったお付き合いをする必要が欠かせません。
私たちは、住まいづくりのあり方をそのように考えています。

賛同メンバーの紹介はコチラ

設計メンバーのプロフィール

kashihara90x130shoji90X130hayashi90x130fujimoto90x130matumura90x130
jissaku-bannar-600
設計メンバーの実作紹介*一覧ページはコチラ


設計メンバーの最新ブログ記事( 外部リンク )

 

e0000881_14593410.jpg
ベトナム ハノイでの「Yu Tang - project」の現場打ち合わせに行ってきました。今回は香港航空で、香港経由でのハノイで、行きは少し乗り継ぎ時間があったので、お昼を香港で。設計やってたら何かしらで見てるであろうI・M・ペイの中国銀行タワーと(画像に映ってないが)右側にはフォスター卿のHSBC銀行。お昼は市民ホールっぽいところの上にあるお店で、飲茶を。その後にホール内のギャラリーで開催されていたデザイン展に。そのなかで、伝統的なお茶を気軽に外でも、と一式揃えられた屋台のような什器が、とてもカッコよかったです。ハノイには夕方頃、到着でホテルは前回と同じ旧市街地域で。日本語を少し話せる人がいたり、日本人とのハーフの人がいたりと、やっぱり親日なムードなのが、少し安心させてくれる。晩御飯は、ホテル前の少しローカルなフォー屋さんに挑戦。現地のローカルなお店って雰囲気もあるのだろうけど、美味しい!フォーガーx2、ハノイビール缶x2で90,000.VND かなりザクッとな換算で日本で450円くらい。廻りの人のを見てると、オプションなのかレバーっぽいのが追加されてるのとかも。 次の日の午前中に、メニューイメージの水彩画の打ち合わせにいくと、パッケージのサンプルが。素材はまだサンプルなので、変更があるみたいだけど、綺麗なデザインに。その他、WEB等の素材や仮サイトも出来ているとの事。そして、現場に。真っ白なターポリンっぽい仮囲いに、店舗のサインとアイコンが。これは、びっくり。ベトナムで、こういうのは、まだ珍しいとの事で、気合の入れ具合が嬉しいです。内部はまだ、解体と一部 壁を立ち上げている段階です。基本は、柱・梁・スラブまでRCで、壁はレンガ積にモルタルの上、塗装が一般的のようです。左官はお手の物な感じ。エレベーター枠廻りに石貼りとかあったのを取ってフラットにというのも、綺麗に塗りこんでくれています。階段部分もレンガ積みなのが、びっくり。レンガの見えている部分から想像するとRC打ち込みというには薄すぎる感じが…国が違えばでしょうか。下のフロアーは元々、スチールの桁を見せた意匠だった階段部分。職人さんが現場に住み込みで作業してるそうです。衣服が干してあったりと、なかなかカオス空間。お昼前の時間だったので、スープが温められ始めたところ。 現地設計チームとの打ち合わせ前に、自分達もお昼へ。おススメの所に連れて行ってとのリクエストに、下のお店に。もともとフランス統治時代のお屋敷を使った、ベトナムの色々な地域の料理が食べれる所との事。広い庭部分にタープをかけてしまって、その廻りで調理してる姿も見えながら食べれます。ご飯は写真撮り忘れ。揚げ春巻き、葛餅っぽいもの、混ぜ麺、ポークの甘辛ソースみたいなのとか、色々と。ハノイなどの北側が、塩分つよめ系、南側が甘酸っぱい系と、南北に長い地形のベトナムでは地域で気候も違うので、味も違うそう。最後のデザートに、「チェ」かき氷とドリンクの中間みたいなもので、ベトナムではポピュラーなデザート。右のカラフルなのが、最近のもので、左の2つが伝統的なタイプ。 午後からの、設計チームとの打ち合わせは、少し消化不足でした。工事見積もりの調整が難航してズレ込んで、まだしっかりと図面を把握して貰ってない状態。なのと、正直、担当者としては、あまり乗り気ではない感じも。普段は自社設計で、チェーン展開をガンガンしている所としては、他所から来て…という所のあるかと思うけど。 そんなガラス張りの東京かニューヨークかここは?と思うようなオフィスからの下の景色。ギャップが凄いです。夜は教えて貰ったローカルな酒場通りに。道にもテーブルや席を出しているのだけど、合法ではないようで、警察が来てるから下げろっぽい場面なんかも。ここでも、日本語を少し話せる現地の人と出会ったりも。 3日目は、急きょながら、現地で確認可能な素材をということで、モザイクタイル屋さんへ。なぜかガラスモザイクが豊富でした。とりあえず、タイルについては、最低限の目途を立てれたかなと。1個白マットの二丁掛けタイルが見つかってないけど… とりあえずは、現地での業務は完了となり、ふたたびお昼へ連れて行って貰うことに。道中、ものすごく不安な状態のビル間など。そしてローカルな裏道へ。道端に散髪屋さん。辿り着いたのが、「バン・チャ」が食べれるお店。豚肉を竹櫛で焼いたのと香草とを甘酸っぱい系の汁で頂くつけ麺。麺はもちろん、ライスヌードル。麺がもちもちで大量なので、先に箸で小分けに切って食べるという手順。ここの揚げ春巻きがサクサクジューシーで、香草もフレッシュ。今回のごはんで一番美味しかったです。 その後に、担当してくれているクオック氏が、彼女と経営しているカフェに。チームで働きながらも、個人での経営もしてるという、なんともパワフルな。そして、内装デザインも綺麗で、メニューも美味しい。その後には、チーム内のまた別の人のお姉さんと経営している服飾のお店にも。こっちも可愛いデザイン。やり手が集まった会社と、仕事させて貰っているんだなと再認識。 最後は、少し残った時間で、ハノイ旧市街付近を歩いてベタな観光。野良ニワトリがいたり。オペラハウスがあったり。アオザイで踊る場に遭遇したり(TVの仕込みだったようですがw)池の真ん中に立っている寺院。あちこちで見かける、増殖していく建物。大きな事故にならないのか、少し不安にもなります。スターバック・リザーブにも遭遇。日本での存在も知らなかったのに、ハノイで初スタバ・リザーブ。 そんなこんなで、やっぱりパワフルでスリリングなハノイでした。 [...]
火, 6月 20, 2017
松村一輝
このページは、庄司洋建築設計事務所のブログです。HPはコチラから御覧いただけます。P_kan : Hiroshi Shoji Building Workshop [...]
火, 6月 20, 2017
庄司洋
a0181459_19223781.jpg
 大学の同級生5人で三ノ宮の大工道具館に行きました 大工道具というよりは芸術品のような道具が展示さていて昔の大工の技のすごさを感じます 今は現場でのみやかんなを使う大工さんの姿をあまり見なくなりました このままでは日本の大工の技が廃れてしまうのではないかと心配でなりません 何とか若い人に引きついていってほしいものです [...]
金, 6月 09, 2017
林雅子
イメージ 1
以前からお手伝いしていた奈良県内の某集会所が完成し、見学会に呼んでいただきました。基本計画から関わる事が出来てサイン計画にも及びました。 開放的で外部空間とのつながりも良く近隣の方々の憩いの場となることだと思います。お手伝いいただいた皆様にもご報告!! [...]
金, 9月 30, 2016
藤本正人
野鳥写真
気付けばもう夏も終わりかけ、秋の気配を感じる頃になっていた。 8年か9年前に少し気になって当時一番安いデジタル一眼レフカメラを購入し、色々と練習がてら近所の公園をカメラをもって歩いている時、運良く青い鳥”オオルリ(オス)”を見れたのが野鳥に興味を持ったきっかけだった様に思う。 それからほぼ毎日、事務所へ向かう前にその公園を小一時間ほど歩くようになり、(歩く事で慢性的な運動不足も解消され体調がはっきりと良くなったのが続けられた原因) 気付けば、公園の管理者とも懇意になった。 そんな縁で、今回公園での子ども向け催事に「この公園で見られる野鳥を紹介するパネルを作りたいので写真を提供して欲しい」と願われ二つ返事で了承。 所謂”図鑑写真”ではなく、なるべくこの公園で撮ったとわかる事(説明できる事)と時期的なもの、子どもにも見つけやすく探究心をくすぐりそうな鳥をピックアップしてデータを提供し展示されたのが上の写真です。 文頭にも書きましたが、秋の気配を感じる頃になりました。 夏を日本で過ごした鳥が南方へ帰っていく時期です。 少し気にしてみれば、今まで見た事の無かった鳥が見れるかもしれませんよ。 [...]
火, 9月 01, 2015
樫原誠