配筋検査時の道具:マジック磁石

磁石前回の”ハッカー”と並び配筋検査時とコンクリート打設時に私が必ず持参する道具です。
正式名称は”ピックアップツール”(?)と言うらしいですが、私は”マジックハンド”ならぬ”マジック磁石”と呼んでいます。
50cm程伸縮出来る棒の先に自在に向きを変えられる磁石が付いています。
配筋検査時とコンクリート打設前に型枠の底に落ちているごみ(結束線)を取り除くのに使用します。
木造の基礎であればまだそれ程深さが無いので落ちているごみを手で拾うことも出来ますが、鉄骨造やRC造の梁底になれば手でのごみ回収はほぼ不可能。これを持っていない時は鉄筋の間に手を入れて拾っていたのですが、鉄筋の切り口や鉄筋を結束している結束線の先は非常に危険で、うっかりしていると怪我をする可能性があります。実際、切り傷と擦り傷をよく作ってました。
怪我はしたくないが施工上問題の無いものでも、見えている範囲内は少しでもごみを取って綺麗な状態にコンクリートを流し込みたいと思っている時にホームセンターで発見して即購入。
大変重宝している道具です。

“配筋検査時の道具:マジック磁石” への2件の返信

  1. 前回ハッカーといい、樫原氏は基礎工事にこだわりですね。
    木造でも深基礎のあるときに重宝しそう。
    見習って、ホームセンターで探そうかな。

    1. 基礎工事にこだわりというか、基礎って作っちゃえば一番簡単に壊して検査できない箇所じゃないですか。
      なので、関わるからには自分の中で自信をもって”大丈夫”と言える(答える)ようにしておきたいのです。
      いくら見栄えのいい建物でも基礎がおろそかなのは・・ね。
      ぜひぜひ探して購入してみてください。現場以外でも偶に役立ちますよ。
      最近では100均でも置いているみたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中