十一面観音を訪ねて

年末のころですが、奥琵琶湖に十一面観音を見に行きました

北陸本線で長浜から3つ目くらいの高月という駅からのんびり歩いて10分くらいの

渡岸寺というお寺にそれはあります

寺というより村の鎮守の森みたいなひなびた静かなところでした

奥琵琶湖をこよなく愛した白洲正子の 隠れ里 にも出てきます

こんなところに国宝中の国宝があるなんて、、、

全国に多くの十一面観音がありますが国宝は7体だけです

その中でもこれは最も美しいとされ、特に後姿が官能的な美しさなので

周りを回れるようになっていました

そういえば仏像を後ろから見るってなかなか無いですね

ちなみに国宝と重文では天と地ほどの差があるらしいです、よくわかりませんが、、

仏像に特に興味がある訳ではなかったのですが、この観音様には魅了されました

それで次は 明日香の聖林寺の十一面観音を見に行く予定です

明日香村のひなびたお寺に、まさに国宝指定第1号の仏像があります

“十一面観音を訪ねて” への1件の返信

  1.  コロナ禍ですっかり出不精になってますが、そろそろどこか出かけたくなっているところ。この間、NHKの番組で観た円空の仏像に驚いたので、一度見に行きたいなと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中