里山25号

里山25号|くらしのすまい
satoyama25-top

wd2016-%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc-%e8%8b%b1%e6%96%87-%e6%a8%aa
ウッドデザイン賞2016 入賞

「里山暮らし」の提案モデル

里山25号|くらしのすまい「里山25号」は、里山住宅博に出展する賛同協力メンバー「いなほ工務店」さんのモデルハウスとして計画させて頂いた郊外型の住まいです。 里山の暮らしを強く意識したデザインとエコハウスと呼べる高気密高断熱性能を持たせた事が大きな柱ですが、諸条件に合わせて展開させるベーシックモデルのための素案として進めています。

間取りは4間×4間の真っ四角。

玄関式台と腰掛け総2階で32坪の標準的なサイズ住まいです。
民家を思わせる瓦葺き屋根と杉板張り外壁がひときわ目を引きますが、古色イメージばかりを強調せず現代的な雰囲気をも漂わせるようデザインに気を使っています。

玄関引戸から中に入ると、まず目に入るのは台所へ続く土間と和室。懐かしさえ感じる畳の前室は、日常的に畳に素足で触れる気持ちよさを感じてもらえます。季節によって障子を開け閉めリビングの一部として使うのもよし、来客の泊まりに使ってもらうもよし、立ち寄ったご近所の方と語らう憩いの場にしてもらってよいのです。家に帰り着いたとき、どこよりも安心感を感じられる。そんな場所にきっとなるでしょう。

リビングルーム

リビングルーム

自由な空間と豊かな暮らし

中2階の書斎スペース和室に続くリビングは南と東の庭へ大きく開放しています。そのまま西へダイニング、キッチンと続き、さらに玄関土間へとつながります。ぐるりと一周回遊できるようなプランとすることで、空気は淀み無く流れていきます。夏は庭との一体感を楽しみ、冬は薪ストーブの火にゆったりとした時間の流れを感じてください。

中央に据えられた階段を上ると、まず踊り場中2階に小さいけど充分な書斎とトイレを用意しました。2階まで一度に上がらずワンクッションあることで、上下階の移動もゆったりと感じられます。

2階こども室

2階こども室

2階に上がりきるとクローク併設の寝室とロフト付き子供部屋に洗面所・浴室。階段ホールを中心にどの部屋にも行き来できるような解放感のある間取りになっています。
今回の計画では「構造に使われている壁や水回り等動かしづらい壁」と「間仕切りとしてだけ使っている壁」を、区別してもらえるように仕上げ素材を変えています。自分たちならこうしたい。自由な間取りを想像してください。

木のつまみ 制作:ポチテック
その他、スチール手摺やひと足バルコニー・手作りの建具取手など、くらすまメンバーの作家さん方にも協力していただいています。
里山住宅博開期中には是非手にとって、ものづくりの楽しさを感じてもらえると幸いです。

里山25号|一階平面図

一階平面図 > クリックで拡大します。

里山25号|スケルトン

敷地の要件がまずありますが、凹凸のない矩形の構造計画は構造耐力壁を外周に配置しやすくなります。内部間仕切りが自由に考えやすくなります。
建物として構造の安定も高く、将来的な可変性もより考えやすくなるのが利点です。


ギャラリー

このページのすべての写真撮影:吉村規子


里山25号・・・里山25号アーカイブ。関連記事も合わせて御覧ください。

里山住宅博バナー・・・会期 2016年6月11日〜2017年1月15日。


■ 計画概要

  • 敷地面積: 188.81 ㎡
  • 建築面積/延べ面積: 61.37 ㎡/105.98 ㎡
  • 最高高さ/軒の高さ: (設計地盤面より)7.26 m/6.89 m
  • 構造・規模: 木造(在来軸組工法)・地上2階・ベタ基礎(地盤改良なし)
  • 取得仕様: 長期優良住宅適合・低炭素建物適合

■ 構造仕様

  • 構造材: ヒノキ・ヒノキ集成材・米松集成材
  • 構造面材: 壁<アイカテック建材モイス(ボード気密工法)/床・屋根:構造用合板
  • 気密パッキン: <日本住環境>PEパッキン。 気密仕様について、構造面材にパッキンをはさみながら気密層を確保するボード気密工法を採用しています。本物件では気密測定においてC値0.4となりました。

■ 外部仕様/仕上

  • 屋根: <栄和瓦黒燻(くろいぶし)。通常の淡路瓦よりも重みのある黒さが際立つのは、高温で焼成した製品であるためです。これにより吸水率が少なく凍結が無いため、冷帯地域には使いづらかった淡路瓦の使用が可能になっています。
  • 外壁: <吉野丸夕林業>杉羽目板(仕上)ウッドロングECO <吉田製材>桧羽目板(仕上)オスモカラー
  • 木材保護塗料: <新宮不二>ウッドロングECO。顔料をベースにした保護着色剤ではなく、天然材料をベースにした腐朽防止剤になります。製品は透明に近いものですが、雨風によって材料に色の変化が起こります。材料によって変化も異なり自然の風合いを楽しむことが出来ます。

■ 内部仕様/仕上

  • 1階床: <サンワカンパニー>ボルドーパイン21ミリ
  • 2階床: <吉野丸夕林業>杉フロア30ミリ
  • 左官壁: <北洲 ホクシュウエコナウォール25B(蓄熱左官材)「塗り壁材に含まれているマイクロカプセルに内包された潜熱蓄熱材(PCM)が、室温が上昇すると熱を吸収して融解し、室温が下がると熱を放出して凝固。冬の日射熱を夜間の暖房に活用できたりオーバーヒートを抑えられたりなど、室温を一定時間25℃に保つ働きをします。」(北洲HPより抜粋)
  • 板張壁: <AD WORLDハーベストパネル(OSSB) 主原料の90%以上が「麦わら」圧縮よるボード
  • 塗装壁: <カラーワークスKAKERU PAINT 水性チョークペイント
  • 天井: <吉野丸夕林業>杉羽目板
  • 収納内: <アイカテック建材モイス内装用

■ 設備仕様

  • 24時間換気システム: <日本住環境>ルフロ ダクト形式による第3種全般換気システム
  • 薪ストーブ: <前出産業Markマーク。日本初の蓄熱式薪ストーブ。ストーブ内部にある蓄熱材に熱を蓄え、じんわりと長時間放熱し部屋を暖めます。炉内の高温燃焼により杉桧などの針葉樹の薪を利用することも可能です。

くらすま相談室のご案内space_9x9「お問い合わせ」メールフォーム