N-house

中央に設けた吹抜けを介して、ゆったりと繋がった住まいです。

畳スペースを介して繋がる、縁側のようにも使える玄関。
そして中心に存在する吹抜けは、東西に長い敷地にて、中央の吹抜けからのハイサイドで南面からの採光を室内へ取り込んでいます。
小屋裏は仕切りなく抜けている子供部屋には、大工さん制作による2段ベッドからの小屋束と勾配天井の眺めは、秘密基地感も。

これらのオープンな間取りと温熱環境の快適さを両立させる為、 気密・断熱性能をしっかりと確保したうえで、床下エアコンとルフロシステム(日本住環境株式会社)により、建物全体をコントロールする空調方式を採用しています。

吉野杉の床材や畳、障子等の和の要素を用いながら、構成や納まりはザックリと纏め、繊細さとゆったりさの加減を意識しています。

 

 

 

 

左官仕上げの白い壁に、杉板の軒裏とバルコニー手摺壁がポイントに。

 

玄関は少しゆったりとした土間空間で、障子を開けると畳スペースと一緒に縁側の様にも。

ご近所の方などの来客時にもゆったりと心地よく過ごせます。

 

障子を閉めると、畳スペースはリビング側との一体感が。

ごろっと横になって、お昼寝なんかも気持ちよさそうです。


リビング上部は、どーんと吹抜けをとっています。

吹抜けの南側にハイサイドのサッシを設け、住まいの中心部分に気持ちのよい光を取り込んでいます。




1Fの奥はキッチンとダイニングスペースです。

キッチンは奥様の希望で、ステンレスの意匠のものをクリナップで。食洗器はミーレで、たっぷりしっかり洗えます。



リビングに設置した階段をあがり2Fへ。

子供部屋は吹抜けに面して、閉じ切ってしまわない仕切り方。

吹抜け部分に飛び出た本棚も含め、廊下部分もゆるやかに取り込む利用を想定しています。

子供部屋には、大工さんに作って貰ったロフトベッド。


ハイサイドサッシからは、南側の隣家屋根を超えての採光を取り込んでいます。



主寝室は、シナ合板貼りのボリュームを意識した意匠に。



小窓は寝室を介して道路面からの気持ちの良い風が抜ける様に計画しています。


目地貼りで綺麗に貼ってもらったシナ合板の勾配天井と小屋束の並ぶ景色。

杉材をふんだんに使った内装。


上手工作所さんの真鍮ツマミ。色々なデザインにもスッと納まってくれます。


洗面・浴室は2Fにコンパクトに納めています。

1F部分に、玄関から繋がる手洗い場も設置。

そのままキッチンへ抜けれるので、回遊できる裏動線としても。

 

 

 

敷地面積      99.90m2(30.25 坪 )
建築面積      49.71m2 (15.05 坪 )
延床面積      93.74m2(28.38 坪 )
1階床面積     49.71m2 (15.05 坪 )
2階床面積     44.03m2 (13.33 坪 )

施工:株式会社いなほ工務店

C値 0.82cm2/m2
Ua値 0.54W/(m2・K)

□主要外装仕上げ

屋根 ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き
外壁 色モルタルコテ押え、一部ガルバリウム鋼板
サッシ ペアガラス+アルミ樹脂複合サッシ(リクシル)、玄関扉 木製引き戸(ユダ木工(株))

□主要内装仕上げ

内壁 コバウ(プラネットジャパン)、シナ合板
床 吉野杉(吉田製材(株)
天井 コバウ(プラネットジャパン)、シナ合板
建具 シナ合板フラッシュ、障子、MDFフラッシュ(リクシル)
金物 上手工作所SQUARE
キッチン クリナップ、食洗器 ミーレ
お風呂 タカラ
トイレ リクシル
エコキュート コロナ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中